足首の捻挫を1日でも早く治す方法【弥富接骨院 整体院 捻挫】

こんばんは、背骨、骨盤ゆがみ矯正整体で早期回復に導く救世主の杉浦大喜です。

今日もブログ見ていただきありがとうございます。

今回は「足首の捻挫を1日でも早く治す方法」ということでお送りします。

捻挫で最も早く治す「痛みを取る」のに必要なのは

「腫れ」です。

腫れがなくならない限り痛みも引きません。

いかに一日でも早く腫れを引かせるかが重要です。

①冷却

腫れがあるようでしたらまずは冷やしましょう。

ネットや最新の情報では「温める」のが良いと言っているものもありますが僕自身は「冷やす」派です。

やはり冷やすことで「痛み」を軽減するのは間違いないです。

 

②痛いことはしない

歩いていたければ歩かない、触って言いたいのであれば触らない。単純ですが痛みのあることはできるだけ避けましょう。

 

③足を着く

安静と矛盾しているようですがこれも重要です。

痛みで足がつけない方がいますが歩きでいたいことがあっても立っているだけや座って足を着くだけで痛いことはありません。

それができないということは間違いなく「関節のズレ」があります。

このずれさえ取り除けば「腫れ」も「着いて」の痛みもなくなります。

この状態で足を着いて「いる」、「いない」でも筋力が落ちて治りが遅くなりますのでご注意ください。

 

①②③をしっかりできればどんなにひどくても2週間あれば歩けるようになりますので2週間経過しても歩けない、歩くと痛いというようですとズレが治っていない確率が高いですので少しでも早く「施術」を受けるようにしてください。

Top