症状

朝、アイタタタ…と痛みで起きる

原因・対策
朝起きた時の痛みのある方は、横向きで寝るのか上向きで寝るのかによって対策が変わります。
一般的に上向寝の方は骨盤の後傾と腰椎に問題が骨盤を前傾させることで解決することが可能です。
横向き寝の方は上向が寝れなくなると横向き寝になります、それにもかかわらず痛みが出る方は股関節にも問題が起きてることが多いです。
当院での施術としては、股関節をまず治し、その後上向寝ができるようになった後に骨盤のズレを直すことで、解決可能です。

常に疲れが取れない

原因・対策

疲れが取れないのは自分の身を支えるのに筋力をたくさん使ってるからです。
良い状態だと体は軽くなります。それは重力をしっかり骨で支えることが出来ているからです。これが体のズレがない状態です。
ところが体がズレると骨で体を支えられず倒れてしまいます。
人間には脳があり、脳が傾きを感知し筋肉を使ってバランスをとることで、立って歩くことが可能になります。
しかし通常歩く時だけで使用する筋力を立っているだけで使っているので、そこが余分な労力になって疲れやすくなります。

そこで重力に対して真っ直ぐ立てるようにズレを治してあげるような施術をすれば解決可能になります。

出産してからズボンが入らなくなった

原因・対策

まずは自然分娩か帝王切開かによって解決策が変わります。

自然分娩の場合は出産時に、左右の仙腸関節、恥骨結合、この3つの関節がズレてしまうことにより、
「筋力低下→体型が崩れる→体型が戻らない」
となってしまうので、上記3つの関節を整えてあげれば問題なく解決可能です。

帝王切開は出産時に腹筋を切るため、
「筋力低下→体を支えられない→関節がズレる→体型が崩れる→戻らない」
となってしまいます。
この場合の施術の方向性としては、
まずは関節を戻すことで可動域がアップする→筋力が付く→元の体型が戻ってきます。

足を組んでいると楽だ

原因・対策

足を組む形に体がズレてしまっています。
体が足を組む状態が1番リラックスできるようになってしまっているので、歩いたり立っているだけでも痛みが出てしまいます。
そこで施術の際、足を組む形から、ちゃんと真っ直ぐ立てるような体型に身体を戻せば解決できます。

座っていて立ち上がる時に痛い

原因・対策

座っている状態から立つ時に痛い方は、姿勢が座位の際に骨や筋肉が形状記憶のように固定されてしまっていることが原因です。
通常は形状記憶されずにスムーズに動くはずが、ぎこちなくしか動かないために痛みが出ます。
そこで関節の位置を整え、関節の可動域を確保できるように姿勢を矯正してあげることで筋肉も正常に動くようになるので、痛みがなくなります。

施術を受けると楽になるが2日後には戻ってしまう

原因・対策

マッサージをしても関節や姿勢が悪いままだと、筋バランスが悪いままなので、悪い筋バランスの状態から姿勢も悪くなって、結果また悪い状態に戻ってしまいます。
その場しのぎでよければ問題ないですが、一生痛みとさよならしたいようであればしっかり骨格を整える必要があります。
そこで、元の骨格に戻すためにどのように施術を行えばいいかを確認するために、まずお客様の身体を必ず丁寧にチェックしてから施術致します。

その他さまざまな身体のお悩みで苦しんでいる方、ぜひ弥富接骨院にご来院下さい!経験豊富なプロフェッショナルが患者様の身体の悩みを解決いたします!0567-67-7227その他さまざまな身体のお悩みで苦しんでいる方、ぜひ弥富接骨院にご来院下さい!経験豊富なプロフェッショナルが患者様の身体の悩みを解決いたします!0567-67-7227

Top